サンコーは、自転車に取り付けてスマートフォンなどを USB 充電できるダイナモ(発電機)「自転車 USB ダイナモチャージャー」を発売した。時速 20km 程度で走ると 5V、500mA ほどの電力を発電できるので、サイクリングや自転車通勤の際、スマートフォンのバッテリ切れを心配する必要がなくなる。直販サイト「サンコーレアモノショップ」における税込み販売価格は4,980円。

ツーキニストなら漕いでスマホ充電、「自転車 USB ダイナモチャージャー」登場
漕いでスマホを充電

自転車 USB ダイナモチャージャーは、後輪に接触するように取り付けることで、タイヤの回転を電力に変換して USB 出力できるアクセサリ。昔からある、自転車用ライトと同じ原理だ。USB 給電できるので、スマートフォンだけでなく、タブレットなど USB 充電対応デバイスなら大抵のものに充電できるだろう。


取り付け方は2通り
取り付け方は2通り

時速約 10km で自転車を走らせると 5V の電圧が発生し、サンコーが試したところ iPhone の充電マークが表示されたそうだ。時速 20km 時の出力は 5V、500mA。最大出力は 1A、7W という。

自転車への装着は、ネジを使ってシートチューブに取り付けて行う。サンコーは、以下の条件の自転車ならば基本的に装着可能としている。発電する必要がない場合は、取り付けたまま後輪に接触しないように切り替えられる。

・シートチューブと後輪タイヤの間隔:55mm 以上、約 95mm 以下
・シートチューブの直径:約 33mm 以下
・シートチューブ周囲の空間:セット位置の上下 87mm 以内に障害物がない

発電しないときは接触させないことも可能
発電しないときは接触させないことも可能

ただし、防水性はないようなので、取扱いに注意が必要だ。特に、USB コネクタ部分の水濡れには用心しよう。

自転車 USB ダイナモチャージャーの紹介ビデオ