NTT が、静止画像にリアルな動きを与える、まったく新しい発想に基づく光投影技術「変幻灯」を発表した。「変幻灯」は、人間の錯覚を巧みに利用したもの。光のパターンを投影し、止まっているはずのものが動いているように見える視覚体験を生み出す。

「壁に掛かった風景画が風にそよぎ、肖像画が喋り出す」ことを目指し、NTT コミュニケーション科学基礎研究所では、人間が自然な動きを知覚する際に働く視覚メカニズムの科学的知見を応用して、印刷物などの止まった対象が動いてい る印象を与えられる技術「変幻灯」を開発した。


「変幻灯」で、炎のゆらめきや、風の印象、人物の動きなどを、印刷物、写真、絵画などの伝統的な映像表現に加えることができるようになる。また、視点の制限はあるものの、3次元物体に対して動きの印象を与えることにも成功したそうだ。今後、サイネージ、インテリア、エンターテインメントなどの分野での応用が期待される。

「風景画が風にそよぎ、肖像画が喋り出す」不思議な照明「変幻灯」、NTT が開発
「むっつり」が「にっこり」に

「変幻灯」の紹介ビデオ