韓国 LG Electronics は、腕時計型ウェアラブル デバイス(スマートウォッチ)の新モデル「LG Watch Urbane」を発表した。ボディ全体に金属素材を採用し、ベゼルを薄くするなどして「本物の時計のように着用できるエレガントで高級感のある」デザインが特徴。スペインのバルセロナで開催されるモバイル機器の展示会「MWC 2015(Mobile World Congress 2015)」(3月2日から5日)に出展し、初公開する予定。

LG、金属ボディで高級感のあるスマートウォッチ「LG Watch Urbane」
「エレガントで高級感のある」という LG Watch Urbane

LG Watch Urbane は、Android OS ベースのウェアラブル機器向けプラットフォーム「Android Wear」を搭載するスマートウォッチ。タッチ方式のユーザー インターフェイスを採用しており、Android 4.3 以上のスマートフォンと組み合わせて使用する。


同社が2014年10月に発売したスマートウォッチ「LG G Watch R」と同じ1.3インチ円形プラスチック有機EL(P-OLED)ディスプレイを使っているが、ベゼルを薄くするなど「高級腕時計のようにクラッシック」で「フォーマル」なデザインとした。バンドは、幅 22mm のものであれば好きなものに交換できる。IP67 相当の防塵性/防水性を備えているので、日常生活で問題はないだろう。

ジャイロスコープ、加速度計、電子コンパス、気圧センサーに加え、心拍センサーを搭載。サイズは幅45.5×高さ52.2×厚さ 10.9mm。ボディ カラーは「ゴールド」「シルバー」の2色。

アクティブなユーザー向けにデザインされた LG G Watch R
アクティブなユーザー向けにデザインされた LG G Watch R