本物のオランダよりオランダらしいと称されることもある滞在型リゾート テーマパークのハウステンボス(長崎県佐世保市ハウステンボス町)は、ロボットがスタッフとなって受付や客室清掃を行ったり、ポーターとして“働いたり”するホテル「変なホテル〜変わり続けることを約束するホテル〜」を7月17日に開業する。ロボットはホテル内のさまざまな場所で「効率的に業務を遂行」するが、宿泊客は「どこかに温かみを感じるロボットたちとの会話」が楽しめるそうだ。宿泊代金は、オークションで決定される。

ロボット接客「変なホテル」がハウステンボスに7月オープン、宿泊代金はオークションで
「変なホテル」のイメージ
(出典:ハウステンボス)

ハウステンボスは、変なホテルを滞在時の快適性と世界最高水準の生産性が両立するローコストホテル(LCH)と説明。同ホテルを実現させる「スマートホテルプロジェクト」では、(1)人件費の削減を目指した自動化とサービス ロボットの導入、(2)建設コストの削減を企図した世界展開可能な工法の導入、(3)省エネルギー化への取り組みと光熱費の自給率向上を企図した太陽光発電の導入を低コスト化の柱と位置付けている。


7月の開業時点で導入する予定のロボットは以下の通り。ロボットの開発には、ココロ、アルデバラン・ロボティクス、安川電機などが協力した。

・受付:3台
・サービス:1〜2台
・ポーター:2台
・ロッカー:1台
・清掃:数台

変なホテルはチェックインとチェックアウトの手続きも、従業員の手を介さず宿泊客がセルフサービスで処理する「スマートチェックイン」「スマートチェックアウト」方式を採る。客室入口には顔認証用カメラを設け、鍵を使わず顔認証で開錠できるシステムを採用する。これにより、鍵を持ち運ぶ煩わしさがなくなり、紛失する不安からも解放されるという。室内の設備は、タブレットで一括操作できるようにする。

宿泊代金は、客室タイプと利用時期に応じて下限価格と「確定価格」と呼ばれる上限価格が定められており、予約する人が1,000円単位で希望料金を“入札”するオークション方式によって決まる。追加料金を支払って客室グレードをアップグレードすることや、朝食付きのプランを選ぶことも可能。

2月1日10時より、宿泊予約の先行仮受付を行う。電話での予約受付は3月1日に開始する。7月17日に開業するのは、第1期の72室。残る72室は、第2期の2016年に開業する計画。

「変なホテル」のイメージ (出典:ハウステンボス)
「変なホテル」のイメージ
(出典:ハウステンボス)