メールシステム技術の TwoFive は、OSS(オープンソースソフトウェア)の POP3/IMAP4 サーバー「Dovecot」を開発するフィンランドの Dovecot(ダブコット)とディストリビュータ契約を締結した。

TwoFive は日本市場で初めて、ISP などの大規模システム向けに、商用版「Dovecot Pro」の販売・サポートを開始する。


また、米国 Scality の製品で TwoFive が販売する、PB 規模まで拡張できるオブジェクトベースの分散ストレージソフトウェア「Scality RING Organic Strage」や、自社開発した日本語対応の管理 GUI や LDAP などを組み合わせて Dovecot Pro に付加価値を付け、コンサルティングサービスも行う。

Dovecot は、Dovecot 社のチーフアーキテクト Timo Sirainen(ティモ シライネン)氏が中心となって開発した、UNIX 系 OS で稼働するオープンソース版 POP3/IMAP4 サーバーソフトウェア。2002年の初版公開以来、世界中のメールストアの約50%で採用されているそうだ。現在も積極的に技術開発が継続されており、他の OSS の IMAP サーバーソフト「UW-IMAP」や「Cyrus-IMAP」からの置き換え導入が加速しているという。

Dovecot の特徴は、2階層構成のステートレスアーキテクチャ。

フロントエンドの「Dovecot Director Server」とバックエンドの「Dovecot Store Server」の2階層で構成される。Director Server は、ハッシュ計算を基にしてユーザーごとに Store Server をバランスよく割り当てるロードバランサーの役割も担い、メールユーザーの MUA(Mail User Agent)が直接アクセスする POP3/IMAP4 プロキシとしても動作する。

Director Server はまた、クラスター構成が可能で、グルーピング機能で、どのユーザーがバックエンドの Store Server のどこに割り当てられているかを共有しており、メールを適切に振り分ける。また、すべての Director Server と Store Server は、同時にステートレスで動作するので、メールサーバーの障害でメールを受け取れない、という事態を回避できる。

TwoFive が OSS POP3/IMAP4 サーバーの「Dovecot」商用版を日本で再販
Dovecot アーキテクチャ