米国 Twitter は、非公開のメッセージを複数ユーザーでやり取りできる「グループダイレクトメッセージ」機能を Twitter に追加した。また、公式 Twitter アプリケーションの iOS 版および Android 版に、動画を撮影/編集して Twitter に直接投稿できる「動画投稿」機能を搭載した。

Twitter、最大20人の非公開メッセージ交換が可能に、公式スマホ アプリからの30秒動画投稿も
最大20人の非公開メッセージがやり取りできる
グループダイレクトメッセージ

Twitter では以前から 個人間のダイレクト メッセージをやり取りすることは可能だったが、グループダイレクトメッセージ機能により非公開の小さなグループでプライベートな会話を行えるようになった。


メッセージを交換するグループは、ユーザーが自分のフォロワーを選んで作る。グループに参加できる人数は最大20人。グループ内のメンバーが相互フォローしている必要はない。自分が誰かのグループに入れられると、登録されたとの通知が送られれてくる。

Twitter アプリで動画の撮影/編集/投稿が可能に
Twitter アプリで動画の
撮影/編集/投稿が可能に

動画投稿は、公式スマートフォン アプリケーション「Twitter for iPhone」「Twitter for Android」で順次利用可能になる。Twitter 傘下の動画投稿サービス「Vine」用アプリケーションから6秒という短い動画は投稿できたが、公式アプリケーションでは最大30秒の動画を直接ツイートできる。ツイート上の動画はサムネイル表示されており、それをタップすると再生が始まる。

30秒の動画を1回にまとめて撮影する必要はなく、数回に分けて撮ることが可能。撮影済み動画をドラッグ&ドロップ操作で編集し、不要な部分を削除したり、残したクリップを入れ替えたりもできる。

Twitter for iPhone では、カメラロールからの動画アップロードも行える。Android 版アプリケーションにも、同様の機能を搭載する予定。