サイオステクノロジーの子会社、グル―ジェントは、米国 CloudLock(クラウドロック)と日本国内での販売代理店契約を締結、同社が開発、販売するクラウド型セキュリティ監視ツール「CloudLock for Google Apps」の販売と、導入や運用に関する日本語サポートサービスを開始した。

CloudLock は、Google Apps ユーザー企業が、オンプレミス環境と同様、Google Drive や Google Sites に保存されているデータを保護、監視、統制し、個人情報や企業内の機密情報などの情報漏洩のリスクを低減するツール。


Collaboration Security(コラボレーションセキュリティ)、Selective Encryption(セレクティブエンクリプション)、CloudLock for Google+(クラウドロック フォー グーグルプラス)、Apps Firewall(アップスファイアーウォール)の4つの製品から構成される。

CloudLock ではオンプレミス同様、Google Drive や Google Sites に保存されたデータの暗号化、社内外で共有されているデータの監視などができるようになるほか、データの共有設定に違反があった場合、違反者に自動的にメールで通知したり、即座にデータの共有を解除したり、また、ユーザーが導入しようとするアプリケーションを監視、管理できる。

企業のクラウド利用の急増に伴い、インターネットに接続されたサーバーなどから重要な企業情報を盗み取るサイバー犯罪が、深刻な被害をもたらしている。クラウドサービスのユーザーからは、クラウド事業者のセキュリティサービスだけに頼らず、オンプレミス環境と同様、情報漏洩を防ぐセキュリティサービスを望む声が増加している。CloudLock はこれらの声に応えるツールだ。

グルージェントが米 CloudLock のクラウド型セキュリティ監視ツールを販売、クラウドにもオンプレミス同様のセキュリティを
CloudLock トップページ