産業技術総合研究所(産総研)と理化学研究所(理研)は、自然科学研究機構生理学研究所、京都大学霊長類研究所、浜松ホトニクス中央研究所の協力により、脳の損傷で失われた運動機能を肩代わりする脳の変化を明らかにした。

モデル動物の大脳皮質運動野に永続的な損傷を作成後、リハビリによる運動機能の回復過程で脳活動の変化を調べた結果、回復時には、残存する脳領域(運動前野腹側部と損傷近傍の第一次運動野)の活動が変化し、損傷した領域の機能を肩代わりしていたことがわかった。


この研究成果は、脳機能のメカニズムに基づいた新しいリハビリ、ニューロリハビリテーションを構築するうえで鍵になるという。研究成果は、米国科学誌『Journal of Neuroscience』にオンライン掲載された。

脳損傷で失われた運動機能を肩代わりする脳の変化、産総研などが解明
脳活動が変化し、損傷した領域の機能を肩代わり