SRA グループのクレディストは日本 IBM と、IBM の「Platform Computing Cloud Service」における「IBM SaaS ソリューションプロバイダー契約」を締結、これにより Platform Computing Cloud Service をクレディストが販売できるようになった。

クレディストでは、Platform Computing Cloud Service をベースに自社開発した、HPC 向けサービス「ILD(Internet License Distribution) Cloud Service」を開始した。


ILD Cloud Service サービスは、製造業での設計開発を効率化するもので、VPN 接続(IPSecVPN/SSL-VPN)を前提としている。解析付帯業務を一括して代行するため、設計者・解析者は、サービス導入と同時にクラウドへジョブを投入することができ、短期間でピーク対応が可能となり、工期を短縮できる。

CAE(Computer Aided Engineering)の利用環境は多くのリソースを占有するうえ、分散環境も用意する必要があり、HPC(High Performance Computing)環境は必須だ。クレディストの ILD Cloud Service は、IBM の SoftLayer と Platform Computing Cloud Service で提供される様々なアプリケーションに対応した多用途のクラスターソリューションに、クレディストの CAD/CAM/CAE インフラ構築運用ノウハウとソリューションをプラスしたサービス。

クレディストが HPC 向け「ILD Cloud Service」、IBM とプロバイダ契約
ILD Cloud Service 基本構成