米国 Intel(インテル)は、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)に向けた、ネットワークの接続性とセキュリティを一体化、簡素化したエンド ツー エンドのリファレンスモデル、「インテル IoT プラットフォーム」(Intel IoT Platform)を発表した。

また、この新しいプラットフォームに対応した統合型の各種ハードウェア/ソフトウェアや、システム インテグレーターとの新たな連携も発表した。


同社は、Accenture、Booz Allen Hamilton、Capgemini、Dell、HCL、NTT データ、SAP、Tata Consultancy、Wipro などと協力、「インテル IoT プラットフォーム」で各社のビルディング ブロックを活用できるソリューションを開発、導入を図る。
 
これらの新製品や連携により、ソリューションプロバイダは、ビルディングブロック式の再現性のある基盤でソリューションを制限なしでカスタマイズし、IoT をパイロット導入段階から本格導入に進展させることができる、という。

「インテル IoT プラットフォーム」は、機器間の接続や、機器とクラウド間で信頼できるデータをやり取りできるようにする、定義済みの再現性のある基盤となる。
 
また、IoT には強固なエコシステムが不可欠だ。Intel が今回発表した新製品は、IoT のエコシステムを強化するものだ。

さらに Intel は、「インテル IoT プラットフォーム」に対応した統合型のハードウェア/ソフトウェア製品のロードマップ(製品計画)も発表している。ロードマップの対象はエッジデバイスからクラウドにわたり、API 管理とサービス クリエーション ソフトウェア、エッジ ツー クラウドへの接続性と分析機能、インテリジェント ゲートウェイ、各種のインテル アーキテクチャ プロセッサが含まれる。ロードマップではセキュリティが根幹をなしており、セキュリティ製品そのもののみならず、ハードウェアやソフトウェア製品に組み込まれたセキュリティ機能も含まれている。
 
Intel が今回発表したのは、「Wind River Edge Management System」、常駐エージェントを介して Wind River Edge Management System との統合を図る Intel IoT ゲートウェイ最新機種、Intel IoT ゲートウェイ向けエンハンスドセキュリティ、エンハンスド プライバシー アイデンティティ(EPID)技術、Intel API/トラフィック管理ソリューション。

Wind River Edge Management System は、機器のコンフィグレーションやファイル転送、データキャプチャ、ルールに基づくデータ分析とレスポンスを支援するクラウド接続機能を提供するもの。顧客は API 管理を活用して業界別の IoT ソリューションを構築、性質の異なる企業の IT システムと統合できるようになる。Wind River は2009年7月に Intel に買収された、組込み機器メーカー。

米インテルが IoT 向けリファレンスモデルを発表
Wind River Edge Management System

また、EPID 技術は、ISO や TCG(Trusted Computing Group)規格にも採用されているもので、他の機器が Intel IoT ゲートウェイに安全に接続する進入路として機能する。

Intel API/トラフィック管理ソリューションは、Intel Mashery ソリューションを活用し、ビルディング ブロックを開発できるようにするもの。「インテル IoT プラットフォーム」顧客は、Mashery API 管理ツールを利用し、社内や社外のパートナーと共有、あるいは顧客向けに収益創出型のデータサービスに活用できるデータ API を作成できる。