レノボ・ジャパンは、同社のノート パソコンや各種オプション製品に同梱していた AC アダプタの AC 電源コードに発煙/発火/発熱のおそれがあるとして、自主回収および無償交換を実施する。現在のところ日本国内で被害の報告はないそうだが、日本国内の対象台数は18万台に上る。AC 電源コードを使わずバッテリで使う場合は安全としている。

レノボ、発火のおそれで AC 電源コードを自主回収/無償交換
回収/交換対象 AC 電源コードの写真

問題の AC 電源コードは、2011年2月から2012年6月に製造された一部の「IdeaPad」シリーズ、「Lenovo」シリーズのノート パソコンとオプション製品の AC アダプタに同梱され、世界中に出荷されたもの。AC アダプタへの差込みプラグ部分が過熱し、発煙/発火/発熱するおそれがあるという。回収対象の AC 電源コードは、保証状況に関係なく無償で新たなコードと交換される。


これら製品に同梱されているすべての AC 電源コードが回収/交換されるわけではない。該当する AC 電源コードは、色が黒く、AC アダプタへの差込みプラグに「LS-15」という表記がある。さらに、特定の製造コードのものだけが対象なので、レノボが Web サイトに掲載している写真などを参照して確認されたい。

交換の申し込みは Web サイトで受け付けている。