米国 Tableau Software は12月2日、「Tableau 8.3」を公開した。Tableau 8.3 では、Microsoft SQL Server、Microsoft Analysis Services、Cloudera Impala での Kerberos 認証に対応しているそうだ。

この Kerberos 認証により、デスクトップやブラウザからデータベースまで、シングルサインオンできるようになる。


Tableau は、従来からネイティブの Active Directory や SAML を使用した ID 管理プロバイダに対応してきたが、今回 Kerberos 認証にも対応したことで、強力な暗号化技術を利用しながら、ネットワーク上の多様なサービスにシングルサインオンできるようになる。

Tableau 8.3 が Kerberos 認証に対応、ネットワークにシングルサインオンできる
Tableau 8.3

Kerberos は、マサチューセッツ工科大学 (MIT) が開発した、無償で利用できる認証システム。秘密鍵暗号を用い、クライアント/サーバー アプリケーション向けに強固な認証システムを提供できるように設計された。現在では様々な商用製品にも採用されている。