日本 HP は、ワークロード特化型サーバー「HP Moonshot System」の新たなカートリッジ発表した。

Web ホスティング向けの「HP ProLiant m350」サーバーカートリッジ、ビデオトランスコーディング/アプリケーション配信向けの「HP ProLiant m710」サーバーカートリッジ、高性能コンピューティング(HPC)向けの「HP ProLiant m400」サーバーカートリッジ、ビッグデータのリアルタイム解析向け「HP ProLiant m800」サーバーカートリッジの4機種。


Web ホスティング向け HP ProLiant m350 は、サービスプロバイダ向けに開発された、Intel Atom C2730 を4ノード分搭載する高密度サーバーカートリッジ。4.3U のシャーシに180サーバー、1440コアと、HP Moonshot System で最も高密度。
 
また、Intel Atom 搭載の HP Moonshot サーバー向け専用製品として、従来よりも低価格な Red Hat Enterprise Linux のサブスクリプション販売が同時に開始されるそうだ。

ビデオトランスコーディング/アプリケーション配信向け HP ProLiant m710 は、Intel Xeon E3-1284L v3 を搭載、Intel Iris Pro Graphics P5200 GPU を内蔵する。すでに検証・実証済みの Vantrix Media Platform や Harmonic VOS ソリューションと組み合わせて利用すると、コストパフォーマンスの高いビデオトランスコーディング能力を発揮するという。

また、SoC に統合された GPU の性能を生かして、Citrix XenApp と組み合わせた XenApp 方式のアプリケーション配信プラットフォームとして使用できる。顧客ユーザーはデータセンター内で、Microsoft Office アプリケーションから高度なマルチメディア ヘルスケアアプリケーションにいたるまで、あらゆるアプリケーションをホスティングして、エンドユーザーにサービスとして提供できる。

HPC 向け HP ProLiant m400 は、数年間にわたる顧客の意見と ARM エコシステムの拡大により誕生したサーバーだそうだ。HP のエンジニアリング基準とテストをクリアしており、エンタープライズクラスのデータセンターの業務にすぐに導入できる。

また、HP Moonshot System と ARM v8-A 64bit アーキテクチャを組み合わせることで、メモリとI/O スループットを最大化し、最適なコンピュート環境を実現できる。Applied Micro Circuits の X-Gene Server on a Chip と Canonical Ubuntu OS を搭載しており、電力、冷却、スペース面の無駄を省くことができる。

ビックデータのリアルタイム解析向けの HP ProLiant m800 は、DSP(digital signal processor)を搭載、パターン分析など、大量で複雑なデータをリアルタイム処理できるように最適化されたサーバーカートリッジ。32bit ARM ベースで、KeyStone アーキテクチャベースの Texas Instruments 製 66AK2Hx SOC を搭載している。ARM Cortex-A15 クアッドコアと統合 DSP、Canonical、HP 2D Torus Mesh Fabric と Serial Rapid I/O の組み合わせを特長とし、従来と比べ3倍の帯域幅を持ち、90%低いレイテンシーのデータスループットを実現する。

さらに HP は、HP ProLiant m800 を Enea Telco Development Platform および eInfochips の Multimedia Transcode Engine と組み合わせ、通信事業者向けにネットワーク機能の開発を迅速化する統合開発プラットフォームを提供する。

日本 HP、Moonshot の新たなサーバーカートリッジを発表
「HP ProLiant m800」