リコーは、1回シャッターを切るだけで全天球イメージをワンショット撮影できるカメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」の新モデルとして、動画撮影対応となった「RICOH THETA m15」を11月14日に発売する。価格はオープンだが、リコーイメージングの通販サイトにおける税込み販売価格は3万4,700円。

リコーの全天球カメラ「RICOH THETA」が動画撮影に対応、11月14日発売
ワンショットで全天球の静止画/動画が撮影可能
RICOH THETA m15

RICOH THETA は、水平方向や半天球だけでなく撮影者を取り巻くすべての空間を1回の操作で撮影できる特殊なカメラ。片手で持てるコンパクトなスティック型をしており、全天球画像を手軽に楽しめる。2013年に発売したモデルは静止画の撮影にしか対応していなかったが、新モデルの m15 はワンショットで動画を撮影してパソコンへ転送し、専用 Windows/Mac アプリケーションで変換して最長3分の全天球動画を合成できるようになった。


撮影した静止画は、無線 LAN(Wi-Fi)を介してスマートフォンに転送し、専用アプリケーション上でサイズや形、構図を変えて見られる。さらに、リコーの Web サイト「theta360.com」にアップロードしてから Facebook/Twitter/Tumblr/Photosynth で共有したり、Google マップ や Google+ へ投稿したりできる。動画の投稿も行える。

全天球イメージが楽しめる
全天球イメージが楽しめる

また、新モデルはWi-Fi 転送速度が従来モデルの約2倍に高速化したそうだ。

静止画や動画のデータは、約 4GB ある内蔵メモリーに記録する。これで約1,200枚の静止画、合計約40分の動画が保存できる。電源は内蔵リチウムイオン バッテリで、静止画だと約200枚の撮影が可能としている。

サイズは幅42×高さ129×奥行き 17.4mm(レンズ込み 22.8mm)、重さは約 95g。ボディカラーは、従来モデルの「ホワイト」に加え「ピンク」「イエロー」「ブルー」の4色を用意する。

カラーバリエーション
カラーバリエーション

なお、リコーは RICOH THETA を操作するための API および SDK(ベータ版)を公開し、RICOH THETA のさまざまな機能の設定/操作が行えるアプリケーション開発を支援していく。