SRA は米国 Coverity のソフトウェア品質向上ソリューション「Coverity Software Testing Platform」の販売を開始する。

Coverity Software Testing Platform には、ソフトウェアの不具合を早期に発見、修正方法やテスト方法を最適化する機能がある。セキュリティ対策を開発段階からできる脆弱性解析機能もある。


誤検出率は15%以下と低く、全世界で1,100社以上、10万人以上の開発者が利用し、2,700以上のオープンソース プロジェクトの品質向上に貢献している。

Coverity Software Testing Platform は、「Quality Advisor」「Security Advisor」「Test Advisor」「Policy Manager」の4つのソリューションから構成されている。

Quality Advisor は、SAT ソルバや統計的な解析手法を用いる品質解析ツール。独自の解析アルゴリズムや誤検知低減技術を基に、最適化された高度な不具合検出が可能になる。

Security Advisor は、セキュリティ対策を開発段階からできるようにする脆弱性解析ツール。開発プロセスで、開発者にかかるセキュリティ対策の負荷を軽減できる。

Test Advisor は、効率の良いテストを行うためのテスト作成支援・実行支援ツール。テストケースのスコアリング テストフットプリントを基に、テストの漏れを防止し、効率の良いテストを行うことができる。

Policy Manager は、品質を継続的にモニタリングするためのガバナンスツール。開発中のソフトウェア品質・セキュリティリスクを自動的に可視化し、定義した基準に沿って品質を継続的にモニタリングできる。

SRA、開発段階からセキュリティ対策ができる米 Coverity ソフトウェア品質向上ソリューションを販売
「Coverity Software Testing Platform」概要