Kaspersky Lab のグローバル調査分析チームが金融機関の要請を受けて ATM を標的としたサイバー攻撃を調査したところ、現金を不正に引き出す新たなマルウェアが発見された。

同マルウェアは、現時点で中南米/欧州/アジアの ATM で見つかっているという。Kaspersky はマルウェアのコード名を「Tyupkin」と名付け、同社の製品での検知名を「Backdoor.MSIL.Tyupkin」とした。


カスペルスキーが ATM から現金を引き出すマルウェアを発見、被害額は数億ドル規模に
VirusTotal による Tyupkin の国別感染数

攻撃の仕組みは、まず何らかの方法で ATM にブータブル CD を挿入して Tyupkin をインストールした後、ATM を再起動する。これにより、ATM をコントロールできるようになる。さらに、犯罪組織以外の人物が偶然現金を手にすることを防ぐため、実際に現金を引き出すには特殊に生成したパスワードを ATM のテンキーから入力する。

Tyupkin に感染した ATM の画面
Tyupkin に感染した ATM の不正引き出し画面

同社はリスクを軽減するための対策として、警報器など ATM の物理的なセキュリティの見直しや高性能なセキュリティソリューションへの投資、アンチウイルス製品の最新状態の維持などを提案している。

なお、ATM システムの完全スキャンとバックドアの削除には、無料の Kaspersky Virus Removal Tool が利用できるという。