OSS 業務システム開発のビーブレイクシステムズは、連結会計支援機能と会計データ連携機能を強化、在庫管理機能を追加した、海外拠点統合管理システム「GLOBAL EYES(グローバル アイズ)」の販売を開始した。

今回の機能強化で海外拠点の在庫管理が可能になり、また、連結会計業務の適用範囲が広がり、レベルの高い海外拠点の管理が可能となった。


GLOBAL EYES はビーブレイクシステムズが独自に企画・開発したもの。海外に拠点を持つ企業の国内本社が、各拠点のローカル会計システムより、現地言語、現地通貨で処理された会計データ(仕訳伝票)をアップロードするだけで、拠点の財務状況を把握(残高試算表から総勘定元帳、個別伝票へのドリルダウン)できる。

また、海外拠点が物品などの購買の際に本社に行う購買申請や、海外拠点における重要稟議の本社側でのレビューや監査、文書やスケジュールなどの業務情報を共有できる。

今回追加された機能、拡張された機能は以下の通り。

連結会計支援:
連結会計に必要なデータを各システムより統合、連結元帳を構築するだけでなく、連結調整仕訳の計上や連結試算表の出力ができる。

ビーブレイク、海外拠点統合管理システム「GLOBAL EYES」で在庫管理機能追加など
連結試算表

会計仕訳の統合出力:
グループ企業間に存在する仕訳データのハブとして利用できる。各拠点のシステムの仕訳データを取り込んで統合するだけでなく、外部システムに統合したデータを吐き出すことができる。

在庫管理:
今回新たに追加した機能。商品や在庫管理拠点の登録や在庫データの取込、在庫照会、在庫受払帳出力、在庫移動などができる。

在庫量照会
在庫量照会