NTT データは、OSS 統合運用ソフトウェア「Hinemos」で、米国 Microsoft(マイクロソフト)のパブリッククラウドサービス「Azure」を利用するシステムを管理できる、「Hinemos クラウド管理オプション Standard for Azure」の提供を開始した。

このオプションでは、Azure で、サーバーリソースや構成の変化に自動的に追随したシステム監視やジョブ実行が可能になるほか、システムの稼働状況をもとにした需要分析からサーバー増設やバックアップ管理まで、システムライフサイクルにおける一元的な制御が可能になる。


また、マイクロソフトの仮想化基盤ソフトウェア「Hyper-V」環境の自動運用を支援する「Hinemos VM 管理オプション(Hyper-V)」の自動検知機能を強化し、仮想マシンの属性に合わせた監視やジョブの自動運用がより簡単にできるようになった。

NTT データはこれまで、「Hinemos クラウド管理オプション」で「Amazon Web Services」や「Biz ホスティング Cloud」に対応してきたが、今回 Azure に対応するとともに、「VM 管理オプション(Hyper-V)」の対応を強化、これにより、Azure と Hyper-V の自動運用を支援し、これらを組み合わせたハイブリッドクラウド環境でも、システム運用統合管理と運用管理を標準化ができるようにした。

NTT データの Hinemos がクラウド管理オプションで Azure に対応、Hyper-V 機能を強化
Hinemos によるマイクロソフトのハイブリッドクラウド統合管理