シャープが、ユーザーの生活シーンに合わせたメッセージを音声やテキストで表示する新機能「emopa」(エモパー)を開発した。今年度冬以降に発売する同社製スマートフォンに順次搭載する。

emopa は、“Emotional Partner”(エモーショナル パートナー)から成る造語。シャープの健康・環境家電に搭載されている人工知能「ココロエンジン」技術をもとに、モバイル端末向けに開発、スマートフォンに搭載した。モバイル端末が、ユーザーが愛着を感じられるパートナーになるよう、emopa を開発したそうだ。


シャープのエモパー、スマートフォンが友達以上の存在に
「エモパー」ロゴ

様々な状況に合わせて気のきいた言葉でユーザーの行動にヒントを与えたり、親しみや癒しを提供してくれるそうだ。

例えば、外出前には天気予報に準じて「傘を忘れないでくださいね」とか、電池が減ると「お腹がすきました」など、まるで感情があるかのように、タイミングよく、音声や画面でメッセージを伝えてくれる。毎日使用していくと、さりげなく、気心の知れた友達のような存在に進化していくそうだ。

emopa は Apple の Siri より賢いのだろうか。どうだろうか。

「エモパー」マーク
「エモパー」マーク