デスクトップ仮想化製品の米国 Parallels は、Mac で Windows アプリケーションを実行できるソフトウェア最新版、「Parallels Desktop 10 for Mac」と「Parallels Desktop 10 for Mac Enterprise Edition」を発表した。8月26日から、全国の販売店とオンラインストア、同社 Web サイトで販売を開始する。既存ユーザー向けにはすでに、アップグレード版の提供を開始している。

最新バージョンでは、「OS X Yosemite」などの Apple の最新 OS に対応、Mac OS X Yosemite の新機能を、Windows や Windows アプリケーションでも使用できるようになる。


また、オフィス環境 Mac 向けの「Parallels Desktop for Mac Enterprise Edition」もアップグレードされた。

IT 管理者は、USB デバイス用のポリシーの選択と強化、企業の社内ネットワークにあるサーバーから NetBoot イメージを使用したゲスト OS としての OS X のインストール、OS X の標準的暗号化機能 FileVault による OS X 仮想マシンの暗号化、ライセンスのステータス確認、ユーザー利用の直接リセットなどができるようになる。

パラレルス、Mac で Windows を実行できる「Parallels Desktop 10 for Mac」最新版
「Parallels Desktop 10 for Mac」スクリーンショット(サイトの紹介動画より)