米国 Google は「https」で始まる URL を持つ Web サイトを検索結果で優遇すると正式発表した。日本向けの公式ブログでも通知している。サイトが TLS 方式で通信を暗号化するよう促す狙いだ。

Google、 「https」で始まるサイトを検索結果で優遇、セキュリティ向上狙う
Google は日本語ブログでも発表を行った(出典:Webmaster Central Blog

Web サイトの URL はおおむね「http」と「https」のどちらかで始まる。前者は原則としてユーザーとのあいだの通信を暗号化せず、後者は暗号化する。Google はすでに検索や、Web メール「Gmail」、オンラインストレージ「Google ドライブ」で、https を採用している。


Google は今回、他社もこうした取り組みを進めるよう、検索結果の順位付けに関するランキングで、https の採用の有無をシグナル(評価対象となる要素)にすることにした。またサイトがより簡単に https を採用するための実践例を公開する予定だ。

https 採用の有無によるランキングの変更は当初、全世界のクエリ(検索要求)の 1% 未満にしか影響しないが、今後長い期間をかけて強化していくという。ただし、例えばサイトの内容が良質であるかどうかといった、他のシグナルほどの重みは持たせないという。