米国航空機メーカーのボーイング(Boeing)は、DARPA(Defense Advanced Research Projects Agency:国防高等研究計画局)が衛星を打ち上げる際のコストを削減するために、再利用できる打ち上げ用の乗り物の設計を計画している。

DARPA の「XS-1」実験的宇宙飛行船は、最新の航空機と同様の信頼性のある、再利用できる無人ブースターのようだ。


ボーイングは、400万ドルの予備設計契約で、3,000ポンド〜5,000ポンド(1,361kg 〜 2,268kg)の小さな衛星ペイロードを低地球軌道に打ち上げ、その後また再利用できる第一段式打ち上げロケットにとりかかる計画だ。

「われわれの設計では、自律ブースターが第二段とペイロードを高い高度まで運び、空間に展開、またそこで地球に戻ってくる。最新の航空機とよく似た操作と保守の原則を適用することで、次の飛行が準備される」と、ボーイング XS-1 プログラム マネージャの Will Hampton 氏は語る。

ボーイング、再利用で衛星の打ち上げコストを削減できる「XS-1」デザインを発表
「XS-1」イメージ図(画像出典:DARPA)