IT インフラ ソリューションのネットワールドは、台湾の Quanta Computer(クアンタ コンピュータ)と、同社のデータセンター向けサーバー、ネットワークスイッチ、ストレージ、ラックなど全製品を取り扱うディストリビュータ契約を締結した。

第一弾として、Linux ベースのネットワーク OS を搭載できるベアメタルスイッチの販売を開始した。


Quanta Computer は世界有数の ODM/OEM ベンダーで、同社のベアメタルスイッチは汎用 ASIC を採用しており、キャリアグレードの性能・品質と低価格を両立させたもので、世界中の大手クラウド事業者が導入している。

また、ネットワールドは、Quanta Computer 製 OS を搭載する OpenFlow 対応汎用スイッチも、近日発売する予定。

クラウドデータセンターでは SDN(Software Defined Network)が注目される中、低価格の ODM/OEM 向け「ホワイトボックス」スイッチにオープンなネットワーク OS を搭載する手法が拡がっているそうだ。

ベアメタルスイッチは、Cumulus Networks や BigSwitch Networks などの SDN ソフトウエアベンダーの Linux ベースの Network OS をインストールして、VMware の SDN 製品「VMware NSX」などにも接続できる SDN スイッチとして活用できる。

一方、Quanta Computer 自社製 OS 搭載モデルは、通常の L2/L3 機能はもちろん、「Openflow Ver1.3」など最新の SDN ソフトウェアにもいち早く対応した汎用スイッチ。

ネットワールド、Linux OS を搭載した台湾製“ホワイトボックス”スイッチを販売
ベアメタルスイッチ