東芝は、人体に貼り付けて、心電位/脈波/体動/皮膚温を測定する生体センサー「Silmee Bar type」を製品化し、9月から大学/研究機関/企業向けに国内販売を開始する。

東芝、睡眠の質を測れるウェアラブル生体センサを発売
東芝、睡眠の質を測れるウェアラブル生体センサを発売

同製品は、ゲルパッドで胸部に貼りつけることで、心電位/脈波/体動/皮膚温という生体情報を同時に連続計測できる、防水小型のウェアラブル生体センサー。計測したデータを元に、心拍間隔/脈波間隔/体動量/姿勢を算出し、Bluetooth 通信でスマートフォンやタブレットに結果を表示する。


新製品の活用事例の1つは睡眠の質の解析。同製品は、胸部にひとつ貼りつけるだけで、心拍間隔/脈波間隔の変動データを元に自律神経解析ができる。また、その結果に基づき、睡眠の質、リズムなどの解析ができる。

なお、同製品は、7月16日から18日に東京ビッグサイトで開催される「国際モダンホスピタルショウ2014」に展示する予定。