クラウドサービス「ニフティクラウド」では、インフラ環境構築や構成変更を自動化するツール「ニフティクラウド Automation」(ニフティクラウドオートメーション)の配布を開始した。また、データベースサーバー構築機能「ニフティクラウド RDB」で、「PostgreSQL」(9.3)に対応した。

「ニフティクラウド Automation」の初期費用と月額料金は無料だが、「ニフティクラウド Automation」から作成した「ニフティクラウド」各リソースには、別途利用料金が発生する。


ニフティ、インフラ構築変更自動化ツール「ニフティクラウド Automation」配布を開始
「ニフティクラウド Automation」による環境構築自動化のイメージ

「ニフティクラウド Automation」は、コントロールパネルでの簡単な操作でサーバーなどのリソースを一括して管理し、インフラ環境の構築・設定作業を自動化できるツール。これまで試用版だった環境構築自動化ツール「CloudAutomation β」(クラウドオートメーションベータ)に、アプリケーションデプロイや環境構築後の構成を変更できる機能を追加し、新たなツールとして提供するもの。

「ニフティクラウド Automation」では、手順書を元に手作業で実施していたインテグレーションやデプロイメント作業が自動化できるため、作業ミスと手間が軽減される。

コントロールパネル画面イメージ(スタックの管理画面)
コントロールパネル画面イメージ(スタックの管理画面)