シャープは、四角形だけでなく円形など自由なデザインが可能な液晶ディスプレイ「フリーフォームディスプレイ」を開発した。

シャープ、「四角くないディスプレイ」を開発、円形など自在なデザインが可能
四角形以外のディスプレイも開発可能に

同社によると、最近は液晶ディスプレイにデザイン性が求められており、同社も薄型化や軽量化、狭額縁化などをメーカーに提案してきた。しかし従来の技術ではディスプレイの形状そのものはあくまで四角形が一般的だった。


表示領域の外周部に「ゲートドライバ」と呼ぶ駆動用回路を配置する一定の額縁幅が必要だったためだ。フリーフォームディスプレイは、このゲートドライバを表示領域内にある画素内に分散して配置することで額縁を極めて細くし、自由な形状をとれるようにした。「IGZO」技術の応用と独自の回路設計手法の成果だという。

これにより例えば車載用途であれば、スピードメーターとその他のモニターを1つのディスプレイに組み合わせたインパネが実現できる。また円形ディスプレイを搭載したウェアラブル機器や浮遊感のある映像を表示できる大型モニター・デジタルサイネージなどを作り出せる。

シャープは今後、フリーフォームディスプレイの早期量産化に取り組むという。