東芝は2014年 PC 夏モデル新商品として、15.6型フル HD 液晶搭載コンバーチブルノート PC「dynabook P75」や、13.3型フル HD 液晶搭載スリムコンパクトノート PC「dynabook R73」など5機種の販売を、6月20日から開始する。

東芝では、PC の高解像度化を進めており、今回の新商品投入により、ノート PC 夏モデル9機種のうち、フル HD 以上の高解像度液晶ノート PC のラインアップを8機種に拡充した。


dynabook P75 は、15.6型高輝度フル HD 液晶を搭載する。液晶部分が360度回転するヒンジ方式を採用し、ノート PC として、あるいは高精細大画面タブレットとして使用できるそうだ。スピーカーは、ハーマン・インターナショナル社と共同開発したもの。

dynabook R73 は、13.3型高輝度フル HD 液晶と最新のクアッドコア CPU 「Intel Core i7-4710MQ」を搭載、1TB のハイブリッドドライブも選択できる。モバイル性能とメインマシンとしての高性能を追求した。

東芝独自の超解像技術「レゾリューションプラス」により、ディスプレイの微細な部分の鮮鋭感が向上した。動画も、映像をフレームごとに解析し、暗いシーンと明るいシーンそれぞれで最適な輪郭強調処理を行う。

東芝、PC 夏モデルでフル HD 以上の高解像度液晶ノート PC ラインを拡充
「dynabook P75」