日本 HP は、ビジネス向け A4 インクジェット複合機「HP Officejet Pro 8610」と「HP Officejet Pro 8620」を発表した。
 
販売代理店や日本 HP オンラインストア「HP Directplus」、HP Directplus コールセンターで、6月26日から販売を開始する。価格は、Pro 8610 が2万5,300円、Pro 8620 が3万2,900円、いずれも税別。

日本 HP、スマートフォンなどからモバイル印刷できるインクジェットプリンタを発表
「HP Officejet Pro 8620」

Pro 8610 と Pro 8620 は、中小企業向けに、モバイルプリント規格「Mopria」や印刷管理ソリューション「HP Web Jetadmin」に対応した製品。


Mopria に対応したことで、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末から、ワイヤレスで印刷できる。また、モバイル端末からプリンタにメールを送るだけで印刷できる「HP ePrint」や、タブレットやスマートフォンなどのスマートデバイスから、ルータやアクセスポイントのない環境でも無線 LAN 印刷できる「ワイヤレスダイレクト」機能など、モバイルプリント機能を標準搭載する。

HP Web Jetadmin は、 無償でダウンロードできる。また、「ワイヤレスダイレクト」機能を使用するには、「HP All-in-One Printer Remote」または「HP ePrint App」が必要。

さらに Pro 8620 は、モバイル端末をプリンタに近づけるだけでプリントできる、「NFC タッチ to プリント」機能にも対応する。