産業技術総合研究所サステナブルマテリアル研究部門環境応答機能薄膜研究グループは、透明状態での可視光透過率が70%を超える調光ミラーを開発した。法規上70%以上の可視光透過率が必要な、自動車のフロントガラスにも適用できる。

夏は涼しく冬は暖かく、透明時の可視光透過率が70%以上の調光ミラーを開発
左が鏡状態で、右が透明状態だ

鏡状態と透明状態を切り替えられる調光ミラーを用いた窓ガラスは、透明な複層窓ガラスに比べると夏場には冷房負荷低減効果が高いので、建物や自動車の窓ガラスへの適用が期待されていた。可視光透過率を高めたことで、冬場の日射による暖房負荷低減にも対応できる。


透明状態と鏡状態では透過率が大幅に異なる
透明状態と鏡状態では透過率が大幅に異なる

調光ミラーは、鏡状態と透明状態の切り替えの繰り返し耐久性が実用化の課題だったが、耐久性の高いマグネシウム・イットリウム系合金を用いた調光ミラーの表面に、適切な反射防止層をコーティングすることで、耐久性と可視光透過率を高めたという。

今後は、太陽光に対する耐候性評価のために暴露実験を行う。