DAQ は、"超々ジュラルミン"の塊から一つずつ削り出した日本製の iPhone ケース「SQUAIR Duralumin Mesh Case for iPhone 5s/5」を5月下旬から販売する。シルバー/ゴールド/ブラックの3色を用意する。税抜き価格は10万円。現在、5月20日発送分の予約を受付中だ。

日本のものづくり技術の結晶!10万円のジュラルミン製 iPhone ケース登場
シンプルなデザインの3色展開だ

超々ジュラルミンとは、航空機部品用に日本で開発された軽くて硬いアルミニウム合金の一種。 加工硬化によって高い引っ張り強度と耐圧力性を持つという。


各種ボタンも組み付けられている
各種ボタンも組み付けられている

同製品は、超々ジュラルミンの塊を、岐阜県の高度な加工技術により厚さ 0.4mm まで切削したもの。1/100mm の誤差も許さない精度の加工で、上下のパーツが寸分の狂いもなく合う。ゆるやかに丸みを帯びた形状にメッシュ加工が施されており、滑りにくく手になじむそうだ。

削り終えたケースは福井県で陽極酸化処理を行い、金属なのにしっとりとした感触を実現したという。重さは 33g だ。

DAQ 代表取締役の後藤鉄兵氏は、「10万円のiPhoneケースを高いと感じる方も多いと思います。しかし眼鏡や時計、財布でも10万円以上の物に価値を見いだして選択する方々がいらっしゃいます。一度手に取っていただければ、我々のこだわりと想い、そして全て日本製の品質をこのジュラルミン製メッシュケースから感じ取っていただけると確信しています」と語っている。