ウェザーニューズは、「4月こと座流星群」が観測ピークを迎える4月22日夜の全国の天気傾向を発表した。22日夜から23日朝にかけては西日本や東海、北陸西部を中心に、広い範囲で流星観測を楽しめるとしている。

■「4月こと座流星群」の見ごろは?どこに見える?


今年の「4月こと座流星群」見ごろ時間帯は4月22日23時頃から23日明け方にかけて。極大予想時刻は午前3時となっている。

「こと座」は、七夕の織女星として知られる「ベガ」を含む星座。「ベガ」は、わし座の「アルタイル」、はくちょう座の「デネブ」とともに、夏の大三角形を形成する星で、明るく、比較的見つけやすい。「4月こと座流星群」の放射点は、このベガの少し右側に位置している。流星は、この放射点を中心に全天にわたって飛ぶ。

■当日の天気は?


22日夜から23日朝にかけて、西から高気圧に覆われるため、西日本や東海、北陸西部を中心に穏やかに晴れる所が多く、広い範囲で流星観測を楽しむことができる。

「4月こと座流星群」本日(4月22日)観測ピーク! ― ウェザーニューズ、最新の天気傾向を発表
「4月こと座流星群」観測可能エリアマップ(出典:ウェザーニューズ)
*クリックしてウェザーニューズの「流星見えるかなマップ」に移動

ただ、関東や東海は、北東と北西の風の衝突により雲が多くなる見込み。また、九州南部も本州の南海上にある前線の影響を受けて、雲が広がりやすくなりそう。北日本も北海道の東に位置する低気圧や湿った空気の影響で雲が多くなる可能性が高い。これらのエリアでは雲の隙間を狙っての流星観測となる。沖縄付近は前線の影響で雲が広がり、雨も降るため、流星観測には厳しい気象条件となりそう。

低気圧や前線の動き次第で雲の広がり方が変化するため、今後、見られるエリアが増える可能性もある。最新の天気については、同社の PC 向けサイト、およびスマートフォン向けアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「こと座流星群」で確認されたい。

■「SOLiVE24」で「4月こと座流星群」を全国7か所から生中継

同社の運営する24時間ライブ番組「SOLiVE24」では、22日23時から25時まで(事前番組は22時から)、全国各地から生中継を行う特別番組を放送する予定。

流星を撮影する観測スポットは、北海道(なよろ市立天文台)、東北(秋田大学教育学部天文台)、関東(幕張テクノガーデン)、中部(国立天文台・野辺山宇宙電波観測所)、近畿(大塔コスミックパーク星のくに)、中四国(美星天文台)、九州(たちばな天文台)の7か所を予定。

今回もワテックの協力により、より質の良い流星動画を視聴できるという。番組は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」やインターネットサイトの『SOLiVE24 Ch.』で楽しめる他、テレビ(BS 910Ch)でも無料で視聴可能。