東芝は、世界で初めてフル HD の4倍の画素を備えた 4K ノート PC「dynabook T954」を4月25日に販売開始すると発表した。価格はオープン。直販サイトでのモニタ販売は21万8,400円〜24万8,200円(税込)だ。

東芝、世界初の 4K ディスプレイ搭載ノート PC「dynabook T954」発売
dynabook T954

タッチ操作のできる15.6型 4K(3,840×2,160ドット)ディスプレイを搭載する。同社のテレビ「REGZA(レグザ)」の技術を画面サイズの小さいノート PC 向けに改良して採用し、1インチあたり282ドット(282dpi)という細やかな解像度を実現した。動画を再生する際は、空の青、芝の緑、人の肌などを、多くの人が記憶し好ましいと感じる色(記憶色)に近い色調で再現する。また明るい部分と暗い部分のコントラストを自動補正する。


インターフェイスとして、さまざまなデータ容量の SD カードに対応したブリッジメディアスロットが付いている。「UHS-II 規格」に対応し、最大で毎秒約 312MB の高速データ転送が可能。4K カメラなどで撮影した大容量のデータを手軽に取り込める。このほか USB 3.0 が4つと、ブルーレイディスクドライブ、HDMI 出力、音声入出力なども備える。

OS は Windows 8.1 64bit 版。写真編集アプリケーション「Adobe Photoshop Lightroom 5」を標準搭載しており、映像の傾きやひずみをワンクリックで修正できるほか、マウスや指で指定した部分の露光量やコントラストを調整できる。

CPU はクアッドコアの Intel Core i7-4700HQ(2.4GHz)、メモリー容量は標準 8GB で、最大 16GB まで増設できる。ストレージは HDD と SSD を組み合わせた容量 1TB のハイブリッドドライブ。グラフィックスには AMD Radeon R9 M265X を組み込んでおり、 3D ゲームで遊ぶ際などに快適に動作するという。

抗菌対応のキーボードやジェスチャー操作対応のタッチパッドを備え、92万画素の Web カメラも搭載する。