IDTechEx、EV市場は2027年に7310億ドルと予測

AsiaNet 67828 (0393)

【ボストン2017年3月21日PR Newswire=共同通信JBN】IDTechExは20年間にわたり、陸上、水上、航空、ハイブリッド、純電力用途のエレクトリックビークル(electric vehicle、EV)を調査してきた。今後の20年間は、そのすべてがほんの少しのサンプルにすぎないようにみせることになる。ユニークなIDTechEx Researchの概観リポート「Electric Vehicles 2017-2037: Forecasts, Analysis and Opportunities(エレクトリックビークル2017-2037年:予測・分析・好機、http://www.idtechex.com/ev )」は、EVが2027年に7310億ドルの市場となり、2037年には社会を根本的に変えると予測している。このリポートは陸上、水上、航空のEV45種類の台数と価格を予想するという意味でユニークなものだ。45種類のEV機器を個別に評価する上で、われわれはボトムアップ方式を採用した。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140310/673848

こうした45種類のEV輸送機器についての事実に基づく台数と価格の10年予想と技術面での20年ロードマップは、頻繁な出張、世界的な取材、会議への出席、EV業界首脳への直接インタビュー、および有力な業界専門家であるIDTechExの博士級アナリストによる事実に基づいた計算の結果である。

このユニークな概観リポートが大きく取り上げたのは、個人用有人マルチコプターからトラフィックを跨いだeバスまでのEV自体であり、市場のギャップを示している。このリポートは、商業的成功要因を優先し、詳細な統計を提供し、情報に基づいた行動計画をサポートしている。IDTechExは他社とは違って、あらゆることに一様に夢中になってはいない。現実に一部の技術は狭い分野に絞り出され、単なるニッチ活動となる。このリポートはそうした分野や時期、要因に目を向けている。

後半部分で説明した将来実現可能な主要技術は急速に変化する。マルチリバース電動発電機や、マルチ電気再生を含むマルチなエナジーハーベスト(環境発電)などが前面に出てくる。

「Electric Vehicles 2017-2037: Forecasts, Analysis and Opportunities(http://www.idtechex.com/ev )」はあらゆる輸送機器の種類と技術選択肢を新鮮な見方で偏見なく取り上げた。そのほとんどは大きな変化に直面している。特定分野を徹底的に調べたい人には、多くの新しいIDTechExのリポート(http://www.idtechex.com/research/ev )が参考になる。

詳しくはhttp://www.IDTechEx.com/ev を参照。IDTechExについての詳しい情報はhttp://www.idtechex.com まで。

IDTechExは企業が最新技術に関して重要な戦略的判断を下す際に役立つツールを提供する。IDTechExは調査リポート、サブスクリプション、コンサルタント業務、紹介サービス、イベントに取り組んでいる。

▽問い合わせ先
Alison Lewis
Marketing Manager, Reports
a.lewis@IDTechEx.com
http://www.IDTechEx.com
http://www.twitter.com/IDTechEx
UK: +44(0)1223-810290

ソース:IDTechEx