生まれて初めて遊んだテレビゲームを覚えておいでだろうか? 筆者はエポック社の「テレビテニス」だった。米国では1972年、日本では1975年に発売された「テレビテニス」は、今のテレビゲームと比較するととてもシンプル。だが、多くの人々を熱狂させた。
懐かしの「テレビテニス」を組み立てられるキット「Classic Video Table Tennis Kit」
懐かしいエポック社のテレビテニス


米国 ThinkGeek は、そのテレビテニスを現在に蘇らせるキット「Classic Video Table Tennis Kit」を販売している。価格は19.99ドル。日本への送料が32.94ドル必要。

「Classic Video Table Tennis Kit」
「Classic Video Table Tennis Kit」

Classic Video Table Tennis Kit は、懐かしいテレビテニスゲームのコンソールを、自分の手で組み立てられるキット。製品には基盤の他、抵抗、ダイオード、コンデンサなど39種類のパーツが同梱されている。基盤にこれらのパーツをはんだ付けすることで、キットを完成できる。作業者のレベルにもよるが、組み立てには1時間から2時間かかるという。

「Classic Video Table Tennis Kit」同梱パーツ
「Classic Video Table Tennis Kit」同梱パーツ

キット完成後は、テレビテニスを楽しむことができる。プレイモードは、1人プレイと2人プレイの2種類。1人プレイの場合、レベルは4段階で設定できる。

2人プレイの様子
2人プレイの場合、基盤の両端を2人でつかんで楽しむことになる

同キットは、RCA ケーブルが接続可能な NTSC 方式のテレビに対応。電源には、単3電池3本を使用する。なお、キットにははんだごて、およびはんだは同梱されない。