KADOKAWAの小説投稿サイト「カクヨム」が作品募集スタート―2次創作もOK
カクヨムで作品募集がスタート

誰でも小説を投稿、公開できるWebサイト「カクヨム」が作品募集を始めた。ほかの人が書いた作品をもとにした「2次創作」も条件付きで許可となっている。

カクヨムは、数多くのライトノベルを発行する出版大手のKADOKAWAと、はてなという京都のインターネット企業が協力して運営するサイトだ。2016年2月末の正式公開を前に、先行して作品募集が始まった。誰でも登録して、書いた小説を投稿できる。


日本の小説投稿サイトとしては「小説家になろう」が強い存在感を持っている。しかし現在2次創作を原則として禁止している小説家になろうに対し、カクヨムは2次創作が可能な点を打ち出している。

KADOKAWAが出版しているライトノベルなどの一部が、2次創作可能タイトルとして挙がっている。次の通りだ。

「オーバーロード」「ココロコネクト」「冴えない彼女の育てかた」「涼宮ハルヒの憂鬱」「精霊使いの剣舞」「バカとテストと召喚獣」「フルメタル・パニック!」「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」「闇の皇太子」「幼女戦記」「ログ・ホライズン」「ゼロの使い魔」。

一部は小説家になろうで人気を集め、のちにKADOKAWAから出版した作品もある。その2次創作がカクヨムで可能となっているのは興味深い。

なお、カクヨムでは「第1回 カクヨムWeb小説コンテスト」の応募受付も始めた。対象はファンタジー、 SF、 ミステリー、 ホラー、 恋愛・ラブコメ、 現代アクション、 現代ドラマの7ジャンル。

第1回 カクヨムWeb小説コンテスト
第1回 カクヨムWeb小説コンテスト

各ジャンルの大賞を勝ち取った作品には賞金100万円に加え書籍化を約束している。受付期間は2016年2月28日まで。 翌日開始の読者選考によるランキング上位作品が編集部による最終選考に残る流れだ。