もはやなんでもあり―Amazon.co.jpが「カーリース」を取り扱い開始
そのうちジェット機を売り出しても驚かない

Amazon.co.jpは、「カーリース」を取り扱い開始した。毎月一定金額を支払うと新車に乗れるリース契約でさまざまなモデルを入手できる。オリックス自動車と協力している。

Amazon.co.jpの「カー用品ストア」では2014年に中古車の販売を始めていたが、今回、新車も含めたリースに手を広げた。カー用品ストアという名称はそろそろ「カーストア」とか「自動車ストア」とかに変更してもいいかもしれない。


リースで利用できるのは国産の新車および走行距離5,000km以下の中古車。トヨタ自動車の「アクア」「シエンタ」、スズキの「アルト」「ハスラー」などが並んでいる。

料金はアクアの場合で、頭金2万円、月額3万24円(いずれも税込)といったところ。新車、中古車ともに9年のリース契約満了後、希望すれば所有権を取得することが可能。

キャンペーンとして1月末までにリース契約するとAmazonポイント1万点がもらえる。中古車を利用する場合はポータブルカーナビゲーションシステムも入手できる。