ウェザーニューズは12月1日、今冬の降雪傾向を発表した。年末年始は全国的に荒天となり、帰省の交通機関に影響する可能性があるとしている。

■降雪量は北日本と関東甲信で平年並、北陸・西日本では少なめの予想
今冬はエルニーニョ現象の影響で寒気の流れ込みが弱く、東〜西日本では平年並〜平年より暖かい日が多くなる見込み。このため、降雪量は北日本で平年並、北陸以西で平年より少ない予想。


年末年始は全国的に荒天?帰省の交通機関に影響あり? ― ウェザーニューズ、今冬の降雪傾向を発表
ウェザーニューズによる予想降雪量マップ〜平年比〜

寒気の流れ込みが弱い冬は関東では雨や雪が降りやすくなる。この冬は1月下旬〜3月初めに関東の平野部でも雪が降り、積雪の可能性がある。

寒気が強まるのは年末年始と2月後半〜3月初め頃の予想で、日本海側ではまとまった雪が降る。また、濃尾平野や京阪神、瀬戸内でも雪が降る可能性がありそう。

■年末年始は全国的に荒天の恐れ、帰省の交通機関への影響に注意
年末年始は一時的に強い寒気が南下し、北〜西日本の日本海側でまとまった雪が降る。山陰や九州北部の平野部でも積雪の可能性があり、北日本では暴風雪や大雪の恐れがある。全国的に荒天となり、帰省の交通機関に大きな影響が出る恐れもあるため、最新情報を確認されたい。

今回公表された情報は12月1日時点での予報をもとにした見解。最新の情報については、同社のスマートフォン向けサイト、およびスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」で確認されたい。