気分は『イージー・ライダー』?―チョッパーハンドルの自転車Ono Bikes「ARCHONT」で、ちょい悪オヤジを気取ろう

環境保護のため、クルマを捨てて電動アシスト自転車に乗り換えたいという人は多い。だが問題はそのデザイン。最近はかなりましなものも登場してはいるが「我慢できる」レベルに留まっており、“クール”な一台はなかなか見あたらない。

Ono Bikesの「ARCHONT」は、スタイリッシュなデザインを求めている人向けの一台。チョッパーハンドルと独特のライディングポジションで、ちょい悪オヤジを気取ることができる。


ちょい悪オヤジになれる(?)自転車「ARCHONT」
ちょい悪オヤジになれる(?)自転車「ARCHONT」

「ARCHONT」の最大の特徴はとにかく長いこと。通常の自転車は全長1メートル80センチ程度だが、「ARCHONT」はそれより1メートル以上長い約3メートル。フレーム後部の低い位置に取り付けられたサドルに座り、チョッパーハンドルを握れば『イージー・ライダー』気分を存分に味わえる。

「ARCHONT」の全長は約3メートル 通常の自転車より1メートル以上長い
「ARCHONT」の全長は約3メートル
通常の自転車より1メートル以上長い

低い位置に取り付けられたサドルに座り
低い位置に取り付けられたサドルに座り

チョッパーハンドルを握れば 気分は『イージー・ライダー』
チョッパーハンドルを握れば
気分は『イージー・ライダー』

ライトやホーンなどもクラシカルで魅力的。「ARCHONT」のコンセプトである「人が振り返るデザインと、高い耐久性」を体現した。

参考画像:映画『イージー・ライダー』で使用されたCaptain AmericaとBilly Bikeのレプリカ
参考画像:映画『イージー・ライダー』で使用されたCaptain AmericaとBilly Bikeのレプリカ

「ARCHONT」には電動アシスト自転車バージョンの「ARCHONT electro」も用意されており、1回の充電での航続距離が99キロ走行、最高速度は時速80キロというスペックが公開されている。ほとんど身体を保護する装備のない「ARCHONT electro」での走行は、実際の速度以上の体感スピードと解放感を与えてくれるそうだ。

電動アシスト自転車バージョン「ARCHONT electro」
電動アシスト自転車バージョン「ARCHONT electro」

非常に残念だが、「ARCHONT electro」を日本の公道で走行可能にするには、クリアしなければならないハードルが多すぎて手をだす気さえ起らない。だが、それでも一度クローズドサーキットで乗ってみたい気はする。このデザインは、他の電動アシスト自転車には見られないほど“クール”だからだ。

「ARCHONT」を開発したセルビア共和国ベオグラードのOno Bikesは現在、予約を受け付け中。価格は「ARCHONT」が2,999ユーロ前後で、「ARCHONT electro」が9,999ユーロ前後となる予定だが、予約期間中に申し込めば33%引きで購入できるとのことだ。日本への配送可否については現在問い合わせているので、新たな情報が入り次第本稿でお知らせしたい。