一眼レフは重たくて持ち歩くのがおっくう、というあなたに。身も心も軽くしてくれそうなカメラ用ストラップ「BOOMR」を、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で見つけました。

首の負担を減らすカメラ用ストラップ「BOOMR」--ポイントは“伸び縮み”【Kickstarter】
ポイントは”伸び縮み”

「BOOMR」は、伸び縮みするように設計されたカメラ用ストラップ。耐久性に優れている上、衝撃を吸収するため、カメラを持ち運ぶ際にかかる首や肩への負担を“著しく”軽減するそうです。


首にかけたり、ななめがけにしたり自在に
首にかけたり、ななめがけにしたり自在に

「ストラップが伸び縮みするだけでそんなに快適になるの?」と、疑わしく感じる人もいるかもしれません。Kickstarterの公式ページには、「カメラが軽く感じられる」「フレキシブルでいいね」といった体験者の感想が紹介されており、概ね好印象のようです。ちなみに、軍隊で使われるライフル銃用のつり帯も伸縮するものが多く、「BOOMR」はそこから、首や肩への負担を減らすヒントを得たのだとか。

「BOOMR」の紹介動画

Kickstarterでの支援は12月24日まで受け付けており、目標金額は2万5,000ドル、11月26日時点で2万6,780ドルが集まっています。

※画像はKickstarterの「BOOMR」ページから