充電が要らない電気自動車「SUNNYCLIST」―太陽光と人力で走るハイブリッド

「SUNNYCLIST」は、充電不要の電気自動車。屋根上に取り付けられた巨大なソーラーパネルで発電し、その電力で走行する。

充電不要の電気自動車「SUNNYCLIST」
充電不要の電気自動車「SUNNYCLIST」

「SUNNYCLIST」には3つの特徴がある。1つ目は、屋根に取り付けられたソーラーパネル。このパネルはサイズが大きいだけでなく、太陽の方向に向けて傾けることが可能だ。これにより、発電効率を最大で30%高めることができるという。


ソーラーパネルは太陽の方向に向けて傾けることができる
ソーラーパネルは太陽の方向に向けて傾けることができる

2つ目の特徴は、ペダルを漕いで発電が可能な点。天候が悪くソーラーパネルでの発電に期待できない場合には、人力で発電し、内蔵バッテリーを充電できる。

太陽光発電できない雨の日には
太陽光発電できない雨の日には

ペダルを漕いで発電することも
ペダルを漕いで発電することも

なお、「SUNNYCLIST」のペダルはバッテリーを充電するためにだけ利用可能なもの。ペダルを漕いで自転車のように前進することはできない。

3つ目の特徴は、ペダルパックを取り外し、室内に持ち込み可能な点。別売りのホームエクササイズフレームを購入すれば、室内でエクササイズをしつつ、発電することができる。

室内でエクササイズをしながら発電することも
室内でエクササイズをしながら発電することも

開発元のギリシャSUNNYCLISTは、「SUNNYCLIST」が普及すれば、多くの人が通勤や友だちとの外出時に、環境に負荷をかけないクリーンな移動が可能になるとしている。

友だちやペットと、ガソリンを消費しないクリーンな移動ができる
友だちやペットと、ガソリンを消費しないクリーンな移動ができる

「SUNNYCLIST」はLiFePO4バッテリーを搭載。リアホイールハブに搭載された6kWのモーターを駆動する。最高時速50キロで、航続可能距離は最上位モデルの「Traveler」で70キロと発表されている。

最高時速は50キロで、航続距離は最上位モデルのTravelerで70キロ
最高時速は50キロで、航続距離は最上位モデルのTravelerで70キロ

SUNNYCLISTは現在、「SUNNYCLIST」の市販化に向けてクラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者募集のキャンペーンを実施中。キャンペーン期間中であれば、6,500ユーロで「SUNNYCLIST」を1台入手可能だ。別途送料が必要となる。出荷は2016年5月に予定されている。

イメージ