12月15日から、全国に1万2,170あるローソン店舗(ナチュラルローソン、ローソンストア100を含む)で、イオンの電子マネー「WAON」で店頭決済したり、現金をチャージできるサービスが開始される。

ローソンでイオンの電子マネー「WAON」が使える!
ローソンで「WAON」

ローソンはこれまで、iD、Edy、QUICPayなどの電子マネーのほか、Kitaca、Suica、TOICA、ICOCA、SUGOCA、PASMO、nimoca、はやかけん、manacaの、交通系電子マネーを導入してきた。今回新たにWAONでの決済サービスを導入、WAONのユーザーである主婦層や中高年層にローソンをアピールする。


WAONは2007年4月の誕生以来、生活者の電子マネーというコンセプトで利用箇所の拡大を進めてきた。今回ローソン店舗で利用が開始されると、WAONの利用箇所は約24万箇所に拡がる。WAONで支払うと200円で1ポイント貯まる。決済がスピーディで、小銭がいらないという利便性がある。累計発行枚数5,250万枚(2015年9月末)。2013年の年間利用金額は、同年市場規模の約5割を占める1兆5,100億円、2014年は1兆9,300 億円まで成長した。