ヤフー(Yahoo! JAPAN)とソニー不動産が、新しい不動産売買プラットフォーム「おうちダイレクト」を開始した。

所有者自身がマンションを売れる「おうちダイレクト」、ヤフーとソニー不動産が開始
「おうちダイレクト」トップページ

「おうちダイレクト」は、マンションの所有者(売主)と購入検討者(買主)をよりダイレクトに結びつける不動産売買プラットフォーム。ユーザーの意思決定を支援するオンラインの「マッチングサービス」と、オフラインでの「仲介サービス」が組み合わされている。


マンション所有者は「おうちダイレクト」を利用して、不動産仲介会社を介せずにマンションを売りに出せる。売り出されたマンションの物件情報は、「Yahoo!不動産」の「おうちダイレクト」に掲載される。マンション所有者は、「自分のマンションを、自分が決めた価格で、自分で売り出す」ことができる。

一方、マンション購入検討者は、まだ売り出されていないマンションに「購入希望の意思表明」をしたり、売り出し中のマンション所有者に「物件に関する質問」が直接できるようになる。

マンション所有者による物件の売り出しから、購入検討者による物件見学の申込みまでは、ウェブサイトで行うことができる(マッチングサービス)。その後の、物件見学から売買代金の決済、物件の引渡しまでのオフラインでの不動産取引実務は、ソニー不動産がサポートする(仲介サービス)。

また「おうちダイレクト」では、マンション売買を検討しているユーザーだけでなく、今後マンション売買を検討する可能性のあるユーザーにとっても有用な各種情報(物件の価格に関する情報、マンションの人気度などの情報)を提供していく。