キヤノンは、ボディーの外観を自分好みに変えられるミラーレスカメラ「EOS M10」や小型・軽量の標準ズームレンズ「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」などを10月29日に発売する。

ミラーレスを自分好みのルックスに--キヤノン「EOS M10」はアクセサリーも豊富
カメラにますます愛着がわきそう

 「EOS M10」は、“快速・快適・高画質”をコンセプトとするレンズ交換式カメラ「EOS」シリーズの新モデル。APS-Cサイズ・約1,800万画素のCMOSセンサーと最新の映像エンジンDIGIC 6を搭載しながら、小型・軽量を特徴としており、標準ズームレンズ「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」と組み合わせた質量は約431gとなっている。


上方向に約180度可動するチルト式液晶モニターを採用しており、“自分撮り”を行う際もライブビューでピントや設定を調整・確認することが可能。フェイスジャケットやグリップなどのアクセサリー(別売)を幅広くそろえており、外観をアレンジしながら使うことができる。ボディーのカラーはブラック、グレー、ホワイトの三色。

EOS M10 ブラック
EOS M10 ブラック

同日に発売される標準ズームレンズ「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」
同日に発売される標準ズームレンズ「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」

ボディジャケットの装着例
ボディジャケットの装着例

キヤノンオンラインショップ販売予定価格は、「EOS M10・ボディー」が4万2,800円、「EOS M10・EF-M15-45 IS STM レンズキット」が5万7,800円(税別)。