ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」が、11月から日産自動車の販売店に導入され、顧客とのコミュニケーションに活用される。まず、全国の「レディー・ファーストショップ」のうち100店舗に順次導入され、その後他の販売店舗にも拡大される予定。

ソフトバンクのロボットPepperが日産の車を販売?
Pepperが日産の車を販売?

今回日産が導入するPepperには、日産の販売店用に開発された専用アプリケーションが搭載され、顧客の出迎えから、胸部のタブレットを使った商品説明、子ども向けのエンターテインメントなどのサービスを提供する。


日産の「レディー・ファーストショップ」は、女性の顧客や初めてクルマを購入する顧客向けに、店舗の運営や設備などに独自の認定基準を設けたもの。店内に授乳ルームやキッズスペースを完備し、快適にクルマの購入を体験できるようになっている。