「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」(以下「子どもネット研」)は、内閣府が主催する「平成27年度 青少年のインターネット利用環境づくりフォーラム」への参画を発表した。

さまざまな情報に溢れるインターネットの世界
さまざまな情報に溢れるインターネットの世界

「子どもネット研」は、子どもたちのインターネット利用に関する諸課題を調査・研究し、整理された情報を保護者や行政・業界関係者に提供するために設立された任意団体。PTAや地方自治体などと協力し、安全利用のための教育啓発活動やその効果測定に取り組んでいる。事務局の担当は、ヤフー、ネットスター、アルプス システム インテグレーションの3社。


今回参画する「平成27年度 青少年のインターネット利用環境づくりフォーラム」は、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするための施策基本計画」に基づいた内閣府主催のフォーラム。岡山県岡山市、山形県山形市、栃木県宇都宮市の3か所で順次開催され、地方が自立的に各種取組を実施するための連携体制構築を目指す。子どもネット研は共催者として、企画段階から効果検証の段階まで参画するそうだ。