世界初のロボットキャリア事業である「DMM.make ROBOTS」で、踊る卓上ロボットアイドル「プリメイドAI」の予約販売が、10月29日に開始される。「自宅に劇場を作りたい」「自分だけのために本格ダンスをしてほしい」という開発者の熱望から誕生したメイドロボットだそうだ。

踊る卓上ロボットアイドル「プリメイドAI」、10月29日に予約販売を開始
「プリメイドAI」

ロボットゆうえんちがデザインするベースモデルのほか、有坂あこ氏のデザインによる「ゆかり」、佐久間結衣氏のデザインによる「マリ」の3体のラインナップで販売される。また、アイドル・アニメコンテンツや声優とのタイアップ、イベントコンパニオンとしての利用サポート、クリエイター奨励プログラム、海外展開も行う予定。アイドルとのタイアップの第一弾として「アイドリング!!!」「Cupitron」「アキシブ project」とコラボレーションを行う。


ベースモデルは、ロボットゆうえんちが開発した最新型ロボットアイドル。仕草の可愛さ/動きの滑らかさは他のロボットを圧倒している。価格は13万8,000円(税別)、販売時期は11月下旬の予定。

「ゆかり」は、有坂あこ氏のデザインによるもので、ベースモデルをカスタマイズした、オリジナルロボット。価格は14万5,000円(税別)、販売時期は11月下旬の予定。初回限定版300体。「マリ」は、佐久間結衣氏のデザインによる、カスタムモデル。価格は14万5,000円(税別)、販売時期は12月の予定。初回限定版300体。