キヤノンは、「プレミアムコンパクトカメラGシリーズ」の新モデル「PowerShot G5 X」と「PowerShot G9 X」を10月22日に発売する。キヤノンオンラインショップ販売予定価格は、「G5 X」が9万1,800円、「G9 X」が5万9,800 円(税別)。

「プレミアムコンパクトカメラGシリーズ」は、1.0型以上の大型センサーを搭載したコンパクトカメラのシリーズ。「美しい写真や動画を撮影できるだけでなく、機能やデザインに“撮るよろこび”や“持つよろこび”を追求する」ことを掲げている。


新モデルの「PowerShot G5 X」は、“撮影スタイルにこだわりを持つハイアマチュアユーザー”のニーズを反映し、Gシリーズとして初めて高精細EVF(電子ビューファインダー)を搭載。同社独自開発のEVF用接眼レンズと優れた操作性により、快適なファインダー撮影ができるとしている。また、24-100mm相当/F1.8-2.8の明るい大口径レンズと1.0型の大型CMOSセンサーを搭載しており、美しいボケ味や豊かな階調を表現できるそうだ。

キヤノンの高級コンパクトカメラに新モデル--EVF搭載の「PowerShot G5 X」など
“撮影スタイルにこだわりを持つハイアマチュアユーザー”のニーズを反映したそう

「PowerShot G9 X」は、28-84mm相当の光学3倍ズームレンズと1.0型センサーを搭載しながら、薄型・軽量ボディー(W98.0×H57.9×D30.8mm、約209g)を実現したモデル。タッチパネルやコントローラーリングによるシンプルで快適な操作性を備えており、日常を手軽に高画質な写真や動画で記録できるとしている。

薄型・軽量ボディーで手軽に使える
薄型・軽量ボディーで手軽に使える