ソフトバンクは、病院の診察料を携帯電話料金とまとめて支払えるサービス「スマート病院会計」を発表。2015年12月以降、ソフトバンク携帯電話の契約者向けに提供開始する。利用料金は未定。対象機種はiPhone、iPad、SoftBank スマートフォン、タブレット。

病院での会計が不要に--診察料を携帯料金とまとめて払えるサービスがソフトバンクから
もう病院の会計で待たされない

「スマート病院会計」は、医療費を銀行口座引き落としで後払いできる「医療費あと払いサービス」(提供:エムイーエックステクノロジーズ)の仕組みを利用したサービス。利用登録をし、受診前に「スマート病院会計」の利用を申し出ると、受診後は会計をせずに帰ることができる。通院先や診察料などの受診履歴をスマートフォンで一括管理することも可能。なお契約者本人だけでなく、家族なども利用登録することができる。


サービス開始時は、順天堂大学医学部附属順天堂医院、東京医科歯科大学附属病院をはじめ、全国の病院、クリニックなど130以上の医療機関が対応を予定している。2016年12月には1,000以上の医療機関に拡大する予定。

サービス対応予定の主な病院
サービス対応予定の主な病院