キングジムは、米国のKent Displaysが開発・販売する電子メモパッド「Boogie Board(ブギーボード)」の新モデル「Boogie Board JOT」BB-7の輸入販売を10月16日に開始。ハイコントラスト液晶の採用により見やすさが増したとしている。税抜販売価格は6,500円。

より薄く、軽く、見やすく--電子メモパッドの新モデルがキングジムから
電子メモがさらに快適に

Boogie Boardは感圧式LCDの電子メモパッド。付属のスタイラス(描画用のペン)を使って、液晶画面に直接書き込みができる。上部の「erase」ボタンを押すと、書いた内容を瞬時に消去可能。キングジムは2010年に輸入販売を開始しており、ペーパーレスでメモをとれる軽量の電子メモパッドとして好評だという。


今回発売する「Boogie Board JOT」BB-7は、2012年より販売している同シリーズの「Boogie Board JOT」BB-4をベースに、薄さや軽さ、文字の見やすさなどを向上させたモデル。画面には、液晶コントラスト比が従来品より50%アップし、見やすくなった液晶を採用している。画面サイズは8.5インチ、最薄部は4.4mm、重量は約110gの小型軽量設計。マグネットも内蔵されており、デスクや冷蔵庫などの金属面に貼り付けることが可能。

本体カラーはピンク、ブルー、ブラックの3色。コイン型リチウム電池1個で約3万回の書き換えができる。

ピンク、ブルー、ブラックの3色で展開
ピンク、ブルー、ブラックの3色で展開