リラックマ、電子メモパッドとコラボ--可愛い“おえかきシート”もついてくる
使うたびに、リラックマと目が合う?

キングジムは、電子メモパッド「Boogie Board(ブギーボード)」の新モデルとして、キャラクター「リラックマ」をデザインした「リラックマ ブギーボード」を10月16日に発売する。価格は6,500円(税抜)。

ブギーボードは、米国のKent Displaysが開発・販売している電子メモパッド。キングジムは2010年に輸入販売を開始しており、ペーパーレスでメモをとれる軽量の電子メモパッドとして、個人・法人問わず好評だという。


今回発売する「リラックマ ブギーボード」は本体上部にリラックマの顔をデザイン。なぞるだけでリラックマの絵を描くことができる「おえかきシート」が3枚付属する。内蔵のボタン電池で約5万回の書き換えができるため、お絵描きや伝言メモなどを何度も書いたり消したりすることが可能。付属のマグネットシートを使い、冷蔵庫などの金属面に貼り付けることもできる。

「おえかきシート」が3枚付属
「おえかきシート」が3枚付属

なぞるだけでリラックマの絵を描ける
なぞるだけでリラックマの絵を描ける

本体サイズは幅141×高さ222mmで、最薄部は3.2mm。重さは約115.8g。コンパクトで軽量なため、ポーチやカバンに入れての持ち運びにも適している。